ホーム
>レンタカーなしで観光してみた【2023-2024年版】

レンタカーなしで観光してみた
~自転車でめぐって見つけた!〜
網走の魅力〜2023秋

■モデルコースDATA
季節 | 春・夏・秋 
所要時間 | 1日
START & GOAL | 道の駅 流氷街道網走
主な交通手段 | レンタサイクル
予算 | 2000円(レンタサイクル代のみ)
今回は、網走中心部にある道の駅 流氷街道網走でレンタサイクルを借りて、網走の観光施設が集まる天都山(てんとざん)エリアを巡ります。天都山は、北海道の自然美と歴史を感じられる観光地です。この山の標高は200mほどで、山頂からは網走湖やオホーツク海、さらには流氷を見ることができ、四季折々の風景が楽しめます。また、麓には博物館 網走監獄、山頂付近にはオホーツク流氷館や北海道立北方民族資料館などがあります。モデルコース前半は坂道の上りが続きますが、電動アシスト付き自転車なら比較的快適に移動することが可能です。
道の駅 流氷街道網走
※大きな荷物がある場合は、道の駅 流氷街道網走内のコインロッカーに預けましょう。
❶ 道の駅 流氷街道網走
網走川河口やオホーツク海を一望でき、観光と交流の拠点となっている道の駅です​。ここでは、地域の観光情報発信や地元の農水産加工品の販売を提供しており、冬期には流氷観光砕氷船「おーろら」が発着します。レンタサイクルの受付は道の駅内の観光案内所で受け付けています。車種は電動アシスト付き自転車(ママチャリ型、クロスバイク)、クロスバイク、シティサイクルなど。網走中心部は平坦な道ですが、天都山エリアは坂道があるので、電動アシスト付き自転車がおすすめです。
▶▶▶自転車で約20分。
❷ 網走刑務所正門
網走刑務所の正門は通称「赤レンガ門」と呼ばれ、重厚で威風堂々とした造りが「最果ての監獄」の威厳を感じさせます。正門の左右には部屋があり、かつて一方は正門担当看守の受け付け、もう一方は面会に来た家族の待合室として使われました。表面の赤レンガは独特の焼き方で黒褐色の艶があり、この門はレンガ建築の歴史を知る重要なものとされています​​。現役で使用されている刑務所のため、見学は外観のみで、内部の見学はできません。
▶▶▶自転車で約15分。
❸ 博物館 網走監獄
明治時代から実際に網走刑務所で使用されてきた建物を保存し、公開しています。この博物館は、日本国内で唯一の監獄博物館として知られており、訪れる人々に囚人の暮らしをリアルに体験する機会を提供しています。とくに注目されている展示のひとつに、1985年10月10日に公開された「五翼放射状平屋舎房」があり、この展示は日本国内で最古、世界で最古の木造の行刑建築とされています​。敷地内には、重要文化財や登録文化財の建造物が展示されており、さらに春の桜や夏の新緑、秋の紅葉などの自然も楽しむことができます。
▶▶▶自転車で約5分。
ランチは博物館 網走監獄に近く、無添加自家製麺とこだわりの出汁を使ったうどんが味わえるお店で。使用する小麦粉は道産小麦「きたほなみ」と三重県産「あやひかり」をブレンド。16時間以上寝かせた2段熟成の麺を毎朝製麺しているそうです。そのため、うどんはコシが強く、シコシコとした食感が特徴です。ブランド鳥を使ったとり天やちくわ天、地元で採れた野菜の天ぷらも一緒に味わいましょう。
▶▶▶自転車で約25分。
❺ オホーツク流氷館
流氷とオホーツク海の生き物をテーマにした施設。ここでは、マイナス15度に保たれた流氷体験室で実物の流氷を展示し、年間を通して厳寒のオホーツクの冬を体感できます。「流氷海中ライブ」では流氷の色彩美を360度カメラで撮影した映像を提供し、「まるで潜っているような」ライブ感を体感できます。また、屋上には展望台もあり、四季折々の壮大な景色を360度楽しむことができ、オホーツク海や世界自然遺産の知床連山を見渡す景観はまさに絶景です。
▶▶▶自転車で約10分。
❻ 北海道立北方民族博物館
日本で唯一の北方民族の文化を専門に紹介する博物館。アイヌをはじめ、ロシアやアメリカ、カナダ、北欧諸国、中国など北方地域に暮らす諸民族の文化が展示されており、常設展示室には900点を越える貴重な資料を衣食住などのテーマ別に展示しています。無料で貸出している日・英・中・韓・タイ語の5ヶ国語に対応した音声ガイド機器もあります。ロビーにはアイヌの民族衣装体験、トナカイやアザラシなどの毛皮などに触れられる体験コーナーもあります。
▶▶▶自転車で約20分。
❼ 網走市立郷土博物館
北海道で最も歴史の古い博物館のひとつであり、北海道を代表する建築家・田上義也の設計による本館建物が特徴的です。この博物館は、網走とオホーツク地域の豊かな自然や、古代から現代に至る歴史・文化について紹介しています。また、モヨロ貝塚の発見で知られる米村喜男衛が長年にわたり収集した考古・民族資料が展示されており、郷土網走とオホーツクの自然、歴史、文化について学ぶことができます。
▶▶▶自転車で約5分。
❽ 道の駅 流氷街道網走
道の駅内の地元特産品販売コーナーでは、港町らしい海産物など、多種多様なおみやげを販売しています。おすすめのおおみやげの一例として、「網走プリン」はオホーツク網走牛乳を使用し、カラメルソースとのバランスが絶妙です。また、発泡酒の「流氷ドラフト」は本物の流氷を使って仕込まれており、見た目も美しい商品です。
道の駅 流氷街道網走